どうも、

キャラクター分析の鬼。

 

ホッケです。

 

キャラを変えたいのに、

変えられない。

 

薄々気づいていると思いますが、

それは周りの人のせい。

 

キャラを変えたら、、

 

親にどう見られるんだろう?

 

友達にどう思われるんだろう?

 

周りの目が気になる。

 

クラスで物静かな子が、

急に席を立ち上がって発言し出したら、

目立ちますからね。

 

アイツどうしたんだろう?

って。

 

人間関係が、

キャラを束縛している。

 

そこからツルンっと抜け出して、

明るい人間関係がほしい。

 

でも、

今の「周り」が気になって、

脚がすくんでしまう。

 

キャラ変更は、

投身自殺と同じです。

 

そう思ってました。

 

変えるまでは。

 

死を覚悟するし、マジでオエってなるし、

胃がキリキリして止まらない。

 

頭に酸素が足りなくなって、

クラックラする。

 

まじで、死ぬかと思います。

とある日、私が服装をヤンキーファッションに変えた日のことです。

自分を変えたかったんですよ。

 

3万円払って、ファッションコンサルなるものを受けた私は、

 

人生で初めて、

「母親が買ってきたようなファッション」

を卒業しました。

 

コンサルで買った服は、

七五三 7才 着物一式 フルセット

 

 

いかにも、

オシャレに気を使ったかんじ。

 

女の子の目、

意識してますよーっ、的な。

 

キモチワルイ。

 

そして、

小3から掛けていたメガネを

コンタクトに変えて・・・

 

大学に行ってみたんです。

 

講義室。

 

いつものメンバー100人ちょい。

 

みんなが、

私を見てくる気がする。

 

コソコソって。

 

アイツなにそれって。

 

・・・・・・。

 

本当は、言ってないのにね。

 

胃が壊れそうで。

 

授業が耳に入らない。

 

息がうまく吸えないのって、

緊張し過ぎだからです。

 

変わるって、つらい。

 

人の目が怖い。

 

ワタクシ、

友達がいないタイプなんですよ。

 

いるけど、いない。

 

変わる瞬間に、縁を切るタイプ。

 

中学校で

生徒会をやっていてね。

 

仲良かったマジのお嬢さん。

 

その生徒会長は、

学年で圧倒的にキレイな子で、家柄の良く可愛らしい子でした。

 

一緒に、

レースサスペンダー

 

でも、

 

高校に入学した日から

ガン無視しました。

 

向こうから話しかけてきても、

無視です。

 

肩を叩かれて、振り向いて彼女なら、

いないフリ。

 

だって、

高校からギアを上げて勉強したかった

んだもの。

 

そこそこ勉強頑張る子から、

ガリ勉に転職するため。

 

中学からの縁を切りました。

 

中学までの「生温い」勉強量じゃ、

届かない大学に行きたかった。

 

だから、

サヨウナラ👋👋

 

入学式前に

教科書を受け取りに行った時は、

仲良く喋ってたのにね。

 

バイバイです。

 

ほかにも、

同じ副会長をしていて、

仲の良かった男の子。

 

めっちゃ良い子でした。

 

一緒に雑用任されて、放課後に作業しながら色々話したなあ、、

 

その子といる時間が、

一番長かった気がします。

 

でも、

サヨウナラ👋👋

 

なんでしょうね。

 

ハッキリ言って、

変わる時に友達ってジャマなんです。

 

変わりたい。

 

でも、変われない。

 

って、

今の人間関係に縛られている。

 

周りの目を気にしている。

 

だから、

みんなとサヨウナラしました。

 

めっちゃ仲良かったのに、

話しかけられてもムシです。

 

非道でしょ?

 

でも、だからこそ

勉強漬けの生活を送れた。

 

なあなあな人間関係を一掃して、

勉強だけに打ち込む。

 

当時の私は、

なんとなーしに知っていたんです。

 

この人間関係が、

 

自分が「ここぞっ!」

って時に変われない原因だって。

 

グローブ スキー キッズ

 

人間関係なんて、

またいつでも作り直せるって。

 

同じ人とはムリだけどね。w

 

また、

新しい出会いがある。

 

だから、ポイ捨てです。

 

ちょっと苦しいけれど。

 

話しかけられて無視するのは、

今はどうかと思うけれど。

 

でも、

それで私は変われました。

 

たぶんね、

 

高校に入るまでに

2回引っ越しを経験したんだよね。

 

それまでの人間関係が、

一気に崩れ去る感覚。

 

はい、友達ゼーロでーすっ♪

 

って。

 

LINEはあって、

まだ連絡は取れるけれど。。

 

ね?

 

日常には、いなくなる。

 

ハッキリ言って、

友達ってもんの優先度が低いです。

 

転校のたびに、

もしも友達がいなかったら、、という状態で、どう幸せに生きるか?

を考えてきた節がある。

 

友達がゼロでも、幸せに生きる。

 

または、

友達をいつでも、作れる。

 

みたいなことを目指していた。

 

だからかね、

友達に執着がないんだ。

 

あるけど。

 

人よりは、少なめ。

 

目的のためなら、

今の人間関係を捨てられる。

 

ポイって。

 

人との関係性の中よりも、

自分の能力で幸せを掴もうって。

 

転校するなかで、

そう思った気がするなあ。

 

自分にとっては、自分が大事。

 

自分の未来が大事。

 

ご専用 へんしんバイク ストライダー ピンク 自転車 キッズ

 

自分の未来のためなら、

友達を捨てられる。

 

傷つけたりはNGだけど、

関係性は絶てる。

 

・・・・・・。

 

あっ、そうだ!

 

この記事の主題を忘れていた。

 

キャラを変えたい!→変えられないのは、それが自分の都合だから。周りにとっては、今のキャラで間に合ってるから。

 

ってタイトルでしたね。w

 

そう、

アナタがキャラを変えられない理由。

 

それは、

Q-pot. - Q-pot ミッキー型チョコレートリング

変えようとしてるからです。

 

逆に言えば、

周りの都合を考えていない。

 

知ってました?

 

キャラって、

周りとの共有物です。

 

アナタのキャラは、

社会のもの。

 

だから、

変えるにはマナーってもんがある。

 

じゃないと、

周りが圧力をかけてくるからね。

 

ヤジが飛んでくる。

 

それは、なぜか?

 

・・・・・・。

 

アナタがキャラを変えることで、

周りの便益が損なわれるから

 

ですよ。

 

メリットの話です。

 

通常、人のキャラって、

周りから求められたキャラ

に落ち着きます。

 

こうあって欲しい。

 

こういう人間でいて欲しい。

 

学校では、

マジメに勉強するタイプが

持ち上げられますね。

 

それは、

先生の成績に関わることだから。

 

学校の評価に関わることだから。

 

保護者からの

目に関わることだから。

 

マジメに勉強してくれていれば、

先生も管理しやすいですし。

 

ラクに仕事できる。

 

親は「自慢の息子」として

鼻が高いですし、

手が掛からなくてラク。

 

将来的に、

養ってもらえるかも、、なんて。

 

全方向に、メリットがある。

 

力を持っている人たちにとって、

メリットがある。

 

だから、

「マジメ君」への道はキレイに舗装されて、

導いてくるわけ。

 

逆にね、

 

周りの求めに応じずに

「自分らしく」生きた少年はどう

評価されると思います?

 

テストが赤点だと、

部活に出られない等の罰をくらう。

 

給食を食べきれない生徒は、

居残りで食べされられる。

 

先生に逆らった口を聞けば、

親が呼び出される。

 

大々的に、

辱められるワケデス。

 

お前は恥だって。

 

もっと進めば、

ヤンキーや不良だと認定され、

生きづらくなる。

 

苦しい方に追い込まれる。

 

悪だと断定される。

 

たとえ、

他人に迷惑をかけてなくてもね。

 

その組織の「こう在れ」に逆らえば、

悪人です。

 

だって、

周りのメリットを考えてないから。

 

「ルールを破ったから」みたいな適当な理由を付けられますが、

本当は周りのメリットの話で。

 

生徒には、こうあって欲しい。

 

生徒にこう在られると、困る。

 

だから、

マジメ君が優遇される。

 

組織によって、

大まかにキャラ付けされる

んですね。

 

人間関係の圧力が、かかっている。

 

怖ろしいことに。

 

そして、小さくは

周りの友達やクラスメイトとの「関係性」でキャラが決まってしまう。

 

いじめっ子に目を付けられたら、

静かなキャラ

にならざる負えない。

 

複雑な人間関係のなかで、

自分のキャラが決まってしまう。

 

他意的に。

 

アメとムチで主導権を持ってかれる。

 

ある時は、

NGAP 新作Tシャツ XL

甘ーいミツで。

 

ある時は、

いじめっ子の目から逃れたり、厳しい先生との衝突を避けるため、、

という怖しいムチで。

 

キャラが、決まってしまう。

 

自分の幸せとは、別のところで。

 

そう在れ、と。

だから、こちらも〇〇を利用するのがキャラを変える極意です。

メリットですね。

 

周りにメリットを提示しながら、キャラを設定すると上手くいく。

 

引っ越した時に、

「となりに越してきたものですが、、」

と贈り物をするように。

 

周りにメリットを与える。

 

周りに、

自分はメリットのある人間なんですよーっ!

って示す。

 

なんかアイツ、キャラ変わったけど、

良くなったよな!

 

って思ってもらう。

 

とにかく、メリットです。

 

メリットさえ手渡しに伺えば、

周りからお許しが下ります。

 

だって、、

メリットをくれるなんて、

良い人ですからねっ!

 

アナタのキャラが変わっても、

一緒にいてメリットがある人間だと

伝えましょう。

 

大丈夫です。

 

マックポテトのひとつでも、

奢ればいいのですから。